“Months to Live”

New York Timesで2008年の五月から
Months to Live
という連載が続いています。余命数カ月というニュアンスなのでしょうか。

This series examines the promises and challenges of extending, or ending, the lives of very ill patients.

ということで死に行く患者のケアの米国での最前線が紹介されているわけです。

Weighing Medical Costs of End-of-Life Careでは”as a place where doctors will go to virtually any length and expense to try to save a patient’s life”という評判を持つThe Ronald Reagan U.C.L.A. Medical Centerが紹介されています。

“If you come into this hospital, we’re not going to let you die,” said Dr. David T. Feinberg, the hospital system’s chief executive.

ということですが当然的に”the medical center a prime target for critics in the Obama administration and elsewhere who talk about how much money the nation wastes on needless tests and futile procedures”
とにかくリソースは有限なのです。

シリーズ最新ははHard Choice for a Comfortable Death: Sedation

“slow euthanasia”が紹介されています。以下のような薬剤を患者の”鎮静”に使用しているというのです。”麻酔”をしているのと全く区別がつきません。
popup-3.jpg

関連するエントリー:


    About this entry