increasing organ donations

以前別のブログ(今週の一押し:2008-#14:”Nudge “)で

“Nudge: Improving Decisions About Health, Wealth, and Happiness” (Richard H. Thaler, Cass R. Sunstein)

を紹介しました。

日本語訳が出たようです( “実践 行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択” (リチャード・セイラー, キャス・サンスティーン)

麻酔雑誌

日本語版は読んでいませんがとにかくこの本は必読でしょう。値段も日本語は結構お得です。

第11章は、To increase organ donationsです。

臓器提供を増やすためにいかにchoice architectureを作るかこれに関しての考察です。

米国で自動車の免許を取ったときorgan donationをするかどうかの選択を求められました。ぼくは”YES”で家内はややこしいので”NO
“にしていました。

基本法的な法律ー解散のどさくさに紛れて成立したともいえるーを制定しても、心情に訴えるプロパガンダを広めても臓器移植は増えないぞ多分。

関連するエントリー:


    About this entry