#jsa2009 二日目雑感

今日は朝から猛暑でした。

S04シンポジウム4 安全な中心静脈カテーテル留置の新しい流れ

に参加。

実はぼくの職場もすでに立派なカテセンター化していますね。

ポート埋め込み術なども入れたらうちもどう少なく見積もっても年間500例はやっています。これ以上は増えないしこれくらいで勘弁してもらいたいものです。

その他の話題には特に新規ー新奇ー性はありませんでした。今までやってきたことの延長で粛々と進めればいいと思いました。

次にT先生のポスターセッションに参加。

お昼のセミナーはどこもいっぱいで座る余地無しでした。危うく弁当ももらい損ねるところでした。

午後イチは

[I08-01] 体温調節の中枢メカニズム

なかなかよい講演でした。入りも上々というかはみ出ていました。もっと大きな部屋を用意してもらわないとな。招待講演なのだから。

次は自分の出番。一時間話したらやっぱり疲れました。内容に関してはノーコメント。質問に来てくれた先生方ありがとうございました。

それから学会のお仕事でホテル内某所で某部会。一時間。

今年でぼくはお役ご免です。

精根尽きたので帰宅することにしました。一時間で帰るので便利です。

ポーアイ会場の問題点は移動のしにくさでしょうか。会場費を2000円余計に取れば2000万円は稼げるし、1000円でも1000万円です。これで移動が楽な会場をとれればそれはそれでいいのでは。

会員数は確実に増えているのだから一つ一つの会場の広さも大きくしていかないとはみ出てしまいます。

というわけで明日も会場に行きます。

ちなみに

生理学・神経の最優秀演題は

[Q03-05] リドカインによるミクログリアのプロトンチャネル抑制作用
The inhibitory effect of lidocaine on proton channel in a rat microglial cell line
松浦正先生(大阪市立大学)
に決まりました。

救急・集中治療の分もぼくは聞きましたが予想通りの演題が最優秀賞でした。

関連するエントリー:


    About this entry